大先輩の藍綬褒章祝賀会 が終わって。

地元の大先輩が「藍綬褒章」を受章しました。

昨日はその祝賀会だったんですよ(^^)

そして、主人はその祝賀会の「発起人代表」を務めました。

 

春に受章の知らせがあり、それから昨日の祝賀会までの期間、いろいろと決める事もあり大変そうでしたよ。

でも、無事に終わってなによりです。

 

私は祝賀会が終わってから、主人と飲み仲間の先輩と合流しました。

さて、まずは1件目。

 

「イカセンター」というイカ専門店に行きました。

ほら、イカが透明でしょ?

塩をつけていただいたら、甘くて美味しかったです。

 

↓こちらはイカリング!

 

このお店、昼の部の営業時間が終わっているのに、先輩が

「これから新幹線で岩手に帰るから、頼むから食べさせてくれ。」と、堂々とした嘘をつき、店内に入れてもらいました、、

(-_-;)

 

でもね、お店の人も気が付いてたと思います。

だって、

「岩手の小岩井牧場に帰る。」って、言うんだもの、、絶対に変でしょ!

 

さて、ここで日本酒を飲んだ私達は、

「まだ、地元に帰るのは早い。飲み屋が開いていない。」という事で、祝賀会を行ったベイシェラトンに戻る事にしました。

 

スカイラウンジの「ベイ・ビュー」というお店に行きましたよ。

たまには、こういう大人の雰囲気のお店も良いですね。

夜景の美しいお店で、カクテルを頂きました。

左の包みは、菊の御紋の袋に入った和菓子です。

お返しに入っていたのを、ここで頂いてしまいました。。

 

この後は、3人でバスに乗り地元に帰り、いつものお店へ。

 

こちらがお店でのカラオケの様子。。

 

大役を終えて、本当に楽しそうでした。

(^^)

 

〜おわり〜


この歳で教えてもらった事。。

「タイマンの張り方」というのを教えてもらった、、

もちろん、飲んでる席でね。

 

意味すらよく解らないので、質問してみると、

一対一で張り合う事なのだとか。

だから、取り巻きの人達は少し離れた場所から見ているらしい。。

うーん、想定するだけでもイヤだな、、

 

「相手に勝つためのポイントは?」と質問するとこんな答えが。。

 

「勝つためには眼力。そして正直じゃないと勝てない。」

自分に正直じゃないとパワーがでないそうです。

 

なんだか、妙に納得しました。

”眼力”については、夫婦喧嘩で活用したいと思います。

 

 

 

〜おわり〜

★ランキングに参加してます クリックしてね★
('-'*)アリガト♪

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナがオーナー・経営者の主婦へ

◆石英部品とガラス部品は横浜石英◆

 


芸術家の「井上さん」

年に数回、個展の会場でお会いするガラス作家さんがいます。
井上愛仁さんという方なのですが、「井上さん」と親しげに呼ばせてもらっています。

その井上さんから作品集が届きました♪
コチラです。

井上さんにメールで
「ブログに載せてもいい?」と確認したので、作品集の一部を載せますね。

彼はとても繊細なランプを作っています。
昨年末(2015年)は横浜高島屋で個展を行っていました。
その時はたくさんのランプが展示されていて、作品を近くで見れることが嬉しかったです。

この繊細なランプの色は、複雑に混ざり合ったガラスから出来ています。
色の違うガラスって、絵の具のように簡単には混ざらないんですよ、、

私も色つきガラス棒を溶かして作る、とんぼ玉教室に通っていた事があります。
その時にいろいろ習ったけど、材質の問題とか温度管理や混ぜるタイミングが…
(むずかしいな。。)って思いました。


私は個展に行くと、長居をしてじっくり作品を見てきます。
時間を越えて鑑賞できる作品だと思います。

それと、もう一つの楽しみ方が、明かりを灯すこと。。
明かりを灯すと、見慣れた空間に魔法がかかりますよ。

この灯りに包まれたら、仕事の事なんて考えられないでしょ?

そんな井上さんのホームページはコチラ。
キャプチャ3.JPG

昨年の夏から大分県竹田市で「Magma Glass Studio」をオープンして活動中!
キャプチャ1.JPG
のどかな景色の高原にあるそうです。もちろん温泉も!
ガラス教室もやっているそうだから、遊びに行きたいな。。

コチラがホームページです。
キャプチャ2.JPG

井上さんは、何年も前に
「横浜石英さんが捨てるガラスを譲ってもらいたい。」とお電話を頂き知りました。
いろんな会社に電話をしていたようで、妙に石英業界に詳しかったです(笑)
だから、ご存知の方も多いんじゃないかな??

〜おわり〜

◆◆お時間のある方はコチラもどうぞ◆◆

東京で迷子
開催中です 〜YOKOHAMA CREATIVE WEEK〜
楽しみにしている個展(^^

★ランキングに参加してます クリックしてね★
('-'*)アリガト♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナがオーナー・経営者の主婦へ

◆石英部品とガラス部品は横浜石英◆

 

飲み仲間と行った旅行 (-_-;)

昨年の事だけれど、飲み仲間の先輩と、主人と私の3人で新幹線に乗り旅行しました。
どこに行ったのかは内緒だけれど、写真から行き先がわかるかな?

新幹線に乗り、健康を気遣いまず飲んだのがコレ。
(既に、待ち時間に東京駅で飲んでいます、、)
DSC_1149.JPG

そしてお酒。
DSC_1170.JPG
3人とも日本酒が好きなので、まだ飲みます。
DSC_1164.JPG

おつまみは茹で卵。
DSC_1168.JPG
親切な先輩が私と主人のを剝いてくれるのですが、、
DSC_1153.JPG
ポロポロ下に落としてる、、!
拾うのが大変!

この日は良い天気でしたよ。
外の景色は、こんなです。
DSC_1157.JPG

そして目的地に着いた私達は、お昼に席を予約していたお店へ行きました。

そして再び、真剣にお酒を選ぶ。。

美食家の先輩は超真剣です。

選んだお酒がコチラ。


先輩は肝臓が強くて、普通の人の2倍の処理能力があるのだとか。。
「親に感謝するように医者に言われた。」と教えてくれました。

その先輩が好む日本酒のツマミは、、なんとビール!
アッサリしているから、ツマミに調度いいんだって。

やっぱり、この方は最強だよ、、

ちなみに、私のつまみはコチラ。。

でも、食べた記憶がないです。
そして悔しいけれど、この後は撃沈して1人ホテルで寝てました。

主人と先輩は、もちろん観光をして、夕食を割烹料理屋で頂いたそうです。
そして、親しくなった2代目を連れて飲み歩いたんだって。

私は翌日も頭痛でしたけどね、、
これからは、私は半日遅れて飲み始めようと思います。

さて、私達はどこに旅行したか解るかな?

〜おわり〜

◆石英部品とガラス部品は横浜石英◆




 

腕時計とお酒

事務所のインターホンが鳴ったので主人が出てみると、親しくさせてもらっている地元の先輩でした。

手には日本酒2升。。
DSC_0418.JPG
そして先輩は、
「昨日、腕時計をやるっていったろ? だから持ってきた。」と腕時計を差し出しました。

主人はね、遠慮もせずにニコニコと受け取りましたよ。
これが↓その時計。
DSC_0419.JPG
高そうな感じがします、、

この先輩は、自分で始めたご商売を地元でしていて、頭のキレる努力家。。
そして世話好き。。
すごいオーラを放つ方です。

主人にも、腕時計を身に着けて、少しでも先輩の気質をあやかってもらいたいです。

いつも、用件が済むと、スタッと居なくなってしまう先輩、、
今日も2分くらいしか居ませんでした。
早過ぎです。(><)

〜おわり〜

◆石英部品とガラス部品は横浜石英◆




 

最強の飲み仲間。。

このブログを、よく読んでいる方は、私がお酒好きなのをご存知だと思います。
自分で言うのもなんですが、弱くはないです。強い方だと思います。

そんな私が、「最強にお酒に強い人」に出会いました。主人の地元の先輩です。
何が強いって、ほとんど料理を食べずに、濃いお酒を何時間も飲む。
こんな人、今まで見たことない、、

この先輩と飲むときは、なぜだか心の中で「負けられない!」と、思っていました。
この半年間、無謀な挑戦を何度かしたけれど、完敗です。勝った事がない。
そんなバカな事をしていたら、とうとう今月の初めに、数年ぶりの「3日酔い」で苦しみを味わいました。
(/_;)

そして昨日、宴会中の主人からお呼び出しの電話が。。
もちろん、最強の先輩もいます。
1軒目は覚えてます。かなり濃い焼酎を飲んだ記憶がある。。
2軒目は回転寿司に行き、お湯呑で日本酒を飲んだ記憶がある、、
3軒目はカラオケに行き、枝豆を食べたような気がする、、、

そして今朝、案の定の「2日酔い」
這うようにして会社に来ました。

今度会ったら、素直に「勝てない」と言おう。
無謀な事はやめて、自分の健康だけを考えよう、、
じゃないと、身が持たないよ、、

DSC_0188.JPG
↑最強の先輩は実はグルメ。頂くものは全て美味しいです。

〜おわり〜

◆石英部品は横浜石英◆


 

復旧した機械。

先月、なぜだか解らないけど、
「機械を修理しなければ!」と心の中で思いました。
不況なので、今まで壊れても修理しなかったんですよ。
修理代もかかるし、全ての機械に電源を入れて加工するほどの仕事量もなかったので。

今、全ての機械は復旧し、その様子を見ていると嬉しくなります。
やっぱり、動かない機械は見ていてツライですからね、、

でも、そう思っていたら、とても悲しい知らせが届きました。
うちの会社の機械は、リース契約で入れている機械が多いのですが、福島工場が、たいへんお世話になった担当者さんが、6月に病気で亡くなられていたと知りました。

彼とは機械を「貸す側」と「借りる側」の関係でしたが、福島工場の増設の話や、石英業界の動向など、色々な話をしました。
勉強熱心で、情報通な人でした。
私は彼に、工場の設備を増設する時など、「なぜその機械が必要なのか」とか「利益はでるのか」などを説明するのが楽しかったです。
1人で書類を作る事の多い私は、聴いてくれる人が居る事が嬉しかったです。
また、彼が疑問を持つ部分は、再検討が必要で、その指摘は正確でした。

彼が6月に亡くなったという知らせは、悲しすぎる出来事です。
先月、"直感"で全ての機械を修理したのは、彼からのメッセージだったのかもしれません。
社員の皆さん、機械を大切にして下さいね。
きれいに使って下さい。お願いします。

〜おわり〜



宝塚の「バレンシアの熱い花」を観てきました

生まれて初めて「宝塚」を見ました。
うちの担当の税理士さんと、行ったんです。
税理士さんて、今までは男性の方ばかりでしたが、今の担当の先生は女性の方なので、親しみやすくて、なんでも話してしまいます。

「宝塚」って、全員女性なんですよね、その程度しか私は知識は無いのですが、いきなり舞台を生で観ると、引き込まれます。
こんなに、自分が集中して見入ってしまうとは予想してませんでした。
「さすがに、プロの演技は違うんだー。」
なんて考えたりして。。
ストーリーは、やはり悲劇なのですが、最後が悲劇の方が純愛が引き立つのかもしれません。

途中の休憩時間は、劇場に何十数年も足を運んだ事がなかったので、「人間ウォッチング」してました・・・
最前列に、ピンクのフリルのドレスを着た少女(?)が居たのでビックリ。「やはり、こういう人も居るんだ。。」と思いました。気合が入っているんですねー。
男性の姿も見えましたが、30人に1人くらいの比率です。しかも、若い男性よりも40代後半の方のほうが多かったです。

なんて表現するのが適切なのか解らないけど、宝塚の男性役って、素直に「かっこいい」です。華やかです。

観終わってから、一緒に行った、税理士のSAさんに
「なんで、ああいう男の人が居ないんでしょう??」って質問したら、
「本当の男の人が、あれを真似たら嫌味なだけよ。」って答えてくれました。うーん、確かにそうかも。。

今回の「宝塚」は「相模大野駅」でやった、地方講演だったんです。
次は、有楽町にある「宝塚劇場」に観に行こうという事になりました。
なんでも、迫力が違うそうです。

「有楽町かぁ・・・ 電車、覚えなきゃ。。」と今から思っています。

「電車の乗り方、勉強して下さいね。」
って税理士のSAさんにも、念を押されてしまいました。 
・・・電車は苦手ですが、がんばります。

  追記:この日はもちろん車で行きました。。

見に行ったのはコレです。⇒バレンシアの熱い花(宝塚歌劇団宙組)


◆福島忘年会◆
 福島工場の忘年会は、12月8日(土)に決定らしいです。
 噂だと、これと別に「仕事納め」が年内最後の営業日にあるみたいです。


〜おわり〜

もしかして、見抜かれている? 

今日は福島工場に、横浜から私のお客様がきました。
いつもニコニコしたパワーのある方です。
私の心の中では、「抜群に頭の良い、アルプスの少女ハイジ」といった、イメージです。(20歳くらい年上の方ですが。)




「○友生命」で長年勤務をしてきた彼女は、「話し方」から人の性格を見抜く能力がスゴイです。
例えば…
電話で話している相手が、立って話しているのか、座って話しているのか、そんな事まで解るそうです。

…最近、凹み気味だった私に、
「これ、いい言葉だから読んで見て。」
カバンからだしてくれたのが、下の詩です。
うーん、やっぱり、見抜かれていたんですねー。

後、驚いた事がもう一つ。
忙しそうな方だと思っていましたが、4冊のスケジュール帳を駆使して、管理しているとは!! パワフルだなぁ…と思います。


  ↓これが、彼女がカバンから出した詩(?)です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆ピンチの裏側

  神様は決して
  ピンチだけをお与えにならない
  ピンチの裏側に必ず
  ピンチと同じ大きさのチャンスを
  用意して下さっている

  愚痴をこぼしたり
  やけを起こすと
  チャンスを見つける目が曇り
  ピンチを切り抜けるエネルギーさえ
  失せてしまう

  ピンチはチャンス
  どっしりかまえて
  ピンチの裏側に用意されている
  チャンスを見つけよう

    (佐賀北高校 執行)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これは甲子園で優勝した、野球部のですね。
元気がでてくる、気がします。
今日はありがとうございました。




↑この写真、彼女の故郷です。本当にハイジみたいでしょ?

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
tokei
photo
book
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM